フィンペシアの副作用について詳しく知る~安心の脱毛ケア~

男性女性

マッサージで頭皮を刺激

洗髪

もむように優しくすること

40代をすぎると男女とも髪にツヤ、ハリがなくなってきて日々髪の毛の老化を感じる人は多くいます。薄毛や抜け毛といったトラブルは更年期症状の一つともいわれます。肌の悩みと違い薄毛は中々人に相談しにくく対処療法もわかりりにくのです。男性の薄毛の原因は、男性ホルモンが強いために育毛が阻害されて毛が抜けますが、女性の場合はびまん性脱毛症といって毛根が詰まり抜け毛が増えてきます。出産や加齢による女性ホルモンの乱れ、栄養不足や遺伝など複数の要因が考えられます。ただし毛根の細胞分裂は生きているので生活習慣を改善すれば毛根がある程度元気になり薄毛の悩みが改善されます。特に日々の生活で気を付けるのはシャンプーです。

頭皮を傷つけないこと

シャンプーは頭皮を傷つけない様に指の腹を使って優しくもむようにマッサージするのが大事です。シャンプーの量も小さじ一杯程度で水を加えて軽く泡立てから行います。泡立てずにそのまま髪につけると頭皮の刺激が強すぎます。リンスやトリートメントは髪の仕上がりがサラサラになりますが、毛穴を詰まらせるので、根元には付けず、髪の毛の途中に付けます。洗った後のすすぎにもたっぷりのお湯で、生え際からうなじまで流し残れがないようにします。温度は38度くらいが目安で、頭皮は熱に弱く40度を超えると必要な皮脂まで流して乾燥させてしまいます。すすぎは少なくとも3分間は行うのがいいでしょう。そしてドライヤーは必ず頭皮から20cmは放して1か所に集中せず、まんべんなく風をあてることです。このような正しいシャンプーの基本を行うだけでも薄毛の対策には有効です。